福岡市での看護師転職

よく看護師の離職率は高いと言われますが、全国での看護師の平均勤続年数は7.5年(平成25年調査)です。7.5年に一度は退職や転職といった勤務環境の変更があるということになりますので、言い換えれば一年に7.5人あたり一人が離職しているということになります。身の回りに7人同僚がいれば、一年で一人がさり、7年ほどで全員入れ替わってしまうということです。

なお福岡市は全国よりも少し勤続年数が短くて7.1年です。より離職率は高いということになりますね。

ですが、離職した人のほとんどは別の職場で働くことになるわけですので、それだけ新しい職場を見つけやすいとも言えるのですね。とくに女性が多い看護師ですので、結婚や出産、子育てなどライフイベントによって働き方が大きく変わってきます。

病棟常勤から日勤のみになり、非常勤のパートタイムになって、またフルタイムに戻るといったことができてしまうのも看護師という仕事のすごいところです。どこに行っても、どんな働き方でも仕事が見つけられて、給与もなかなか魅力的という職業はそうそうあるものではありませんよね。

ここ福岡には、大病院もあれば、地元密着のクリニック、領域特化のクリニックもあり、健診センターでの仕事などもあります。いまの自分の望む働き方が見つけやすいと言えるでしょう。

理由はともあれ、真剣に転職を考えるなら、ぜひ使ってみたいのが看護師専門の転職サイトです。いろんな転職サポートが得られるのに、利用料は無料ですから使わない手はありません。

でもどうせ利用するなら福岡の看護師求人に強みがあるところが望ましいですよね。ちょうどこちらに福岡の看護師求人が多い転職サイトが紹介されていますので良かったらチェックしてみてください。

福岡でも、北海道に行っても、四国でも沖縄でも、とにかくどこでも求人があって仕事を得やすいのが看護師です。超高度高齢化社会のいま、需要は高まる一方ですね。